日々のケア

きれいな歯といえばやはり白い歯ですが、お茶やコーヒーやタバコなどの色素沈着・加齢などによって歯は黄色くなってしまいます。
歯磨き粉歯ブラシを使って毎日丁寧に歯を磨くことで歯の黄ばみ・色素沈着はある程度予防できます。

 

その他にもこんなケア用品があります。
これらを使うことで、通常の歯磨きだけでは落としきれない汚れを取り除ける可能性があります。

歯間ブラシ
毛のついた細い金属ワイヤーで歯と歯の間を掃除します。
デンタルフロス
細い糸のようなものを歯のすき間に差し込み汚れを掻き出します。
洗口剤
液状のものでうがいをすることで口内全体をきれいにします。
口臭予防にもなります。
舌ブラシ/舌クリーナー
舌の表面の汚れを優しく落とします。
歯医者

 

なお歯のトラブルは、すぐに対応することをおすすめします。
例えば歯を抜けたままほおって置くと噛む力が低下したり他の歯が歪んだりなど、歯のバランスが崩れて取り返しがつかない事態になってしまいかねません。
違和感を感じたら早めに歯医者に相談しましょう。

また歯医者に相談することで歯をさらに白くすることができるかもしれません。

色素沈着が気になる場合はクリーニング、加齢による歯の黄ばみにはホワイトニングなどです。
ただしメニューによっては保険がきかない自費診療(自由診療)扱いになることが多いようです。
この場合の費用は高額になる傾向にあるため、事前にしっかり費用や施術内容を確認し、納得してから施術をお願いするようにしましょう。
 

 

入れ歯のケア

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。
歯が一つも残っていない場合は総入れ歯、一本でも歯が残っているならば部分入れ歯を使用します。

 

入れ歯のケアも重要です。

入れ歯は毎食後取り外して水で洗うようにしましょう。
1日に1回は入れ歯用洗剤を使用して歯ブラシできれいに汚れを落としましょう。
一般の歯磨き粉は入れ歯を傷つけてしまう可能性があるので入れ歯用洗剤を使用してください。

 

入れ歯はそれぞれの口に合わせて作られますが、次第にサイズが合わなくなりズレや隙間が生まれてしまうことがあります。
そういった場合には入れ歯安定剤を使用しましょう。

入れ歯安定剤はクリームタイプ・粉末タイプ・シートタイプ・クッションタイプがあります。
クリームタイプは粘着力が高く、粉末タイプは違和感が少ない、シートタイプは持ち運びに便利、クッションタイプは痛みを緩和するなど、タイプによって効果が変わります。