乳歯と歯

一体私たちの口の中はどうなっているのでしょうか。

私たちは全ての食べ物を口から摂取します。食べ物を口に入れて、歯で細かく砕き、舌で味わいながら食道へと食べ物を流していきます。これらの動作を私たちは当たり前に行っているのです。それぞれのパーツのどこか一つが欠けてしまうとこの動作をスムーズに出来なくなってしまいます。そのため、口は健康に保っておく必要があります。

歯についてみてみると、それぞれの歯の役割があります。

歯は全部で32本あります。この32本の歯は形によって三種類の歯に分かれています。中央に位置する切歯(せっし)はその名の通り食べ物をかみちぎる役割を果たしています。犬歯(けんし)は鋭く尖った形をしており、食べ物を切り裂きます。臼歯(きゅうし)は奥歯のことを指します。食べ物をすり潰し飲み込みやすくします。

乳歯についてですが、子どもの頃に生えている乳歯は全部で20本あります。個人差はありますが、乳歯は早くて生後半年、多くは生後8カ月頃から生え始め、2.3年でほとんどの乳歯は生えてくると言われています。乳歯は永久歯と比べてもろく、虫歯になりやすいそうです。また、乳歯の生えてきた位置と永久歯の歯並びは影響すると言われているため注意する必要があります。しかし、年齢が上がるとともに乳歯同士の間隔が広まり、すき間が生まれることがありますが、このすき間は一回り大きい永久歯が生えてきた時のためのものなので心配する必要はありません。

乳歯から永久歯への生え変わりについて乳歯から永久歯への生え変わりは6歳から12歳にかけて行われます。永久歯は顎の中で時間をかけて成長します。永久歯が顎の中で大きくなるとだんだん乳歯を溶かしていくようになります。乳歯の根元を溶かして乳歯を抜け落とし、永久歯へと生え変わります。生え替わったばかりの永久歯は虫歯になりやすいため虫歯予防をきちんと行いましょう。