歯磨き

効果的な歯磨きの方法は歯を磨く際には歯磨き粉を使用するのが有効です。
歯磨き粉には歯の汚れやを落として歯石を防ぐ、歯を白く保つ、口臭を防ぐ役割があります。

歯ブラシの選び方も大事です。
歯ブラシにはその大きさや形状、毛のかたさによってさまざまな種類があります。

毛のかたさには通常やわらかめ・ふつう・かための三種類あります。
ふつうが一般的ですが、歯みがきをすると歯ぐきから血が出てしまうといったお悩みをお持ちの方はやわらかめで優しく磨くのがいいでしょう。
かためがお好みの方は強い力で磨いて歯茎を傷つけないように気を付けましょう。
歯ブラシをペンを持つような持ち方で使用すると力が入りすぎずちょうどいい力加減で磨くことが出来ます。
そのほかにもヘッドの大きさや持ちやすさがポイントとなります。
ヘッドは口の大きさに合わせたものを選ぶことが大切です。
自分に合ったサイズ選びが難しい場合は歯科医院に相談してみるといいでしょう。

歯ブラシの交換時期はいつでしょうか。

歯ブラシの毛先が開いてきたら交換の合図です。
開いた毛先のまま歯磨きをしても汚れを落としきれない可能性があります。
目安としては1カ月ごとに交換するのが良いとされています。

電動歯ブラシについては、電動歯ブラシを使えば、普通の歯ブラシで歯を磨くよりも効率よく短時間で歯磨きを終えることが出来ます。
しかし上手に使用しないと口内を傷つけてしまう可能性をあるため注意が必要です。

歯磨き粉の選び方も重要です。
歯磨き粉に含まれている成分によって若干効果が変わってきます。
虫歯予防・歯周病予防・知覚過敏用など用途に合わせて使い分けることが出来ます。

虫歯予防の歯磨き粉であればフッ素入りのものを使用し歯を虫歯から守る効果があるものがおすすめです。
フッ素とはお茶・海藻・魚介類などに含まれている元素のひとつです。
歯を強くし酸から守る効果があります。フッ素入り歯磨き粉などを長期間使用することでこの効果が発揮されます。
歯科医院などでもフッ素を使って虫歯予防する施術を行っています。

そして大事な、歯の磨き方ですが、一般的な歯の磨き方は三種類あります。
スクラビング方は歯ブラシを歯に垂直に当てて歯ブラシを細かく動かす方法です。
バス法は歯と歯茎の間に毛先を45度に傾けて当てる方法。
ローリング法は歯ブラシの毛先を上から下、下から上へと回転させながら磨く方法です。

歯磨きのポイントは、一か所につき20回以上丁寧に磨きましょう。
力をかけすぎてもいけません。軽い力で小刻みに動かして磨いていきます。
歯は立体的な形をしているため、磨き残しのないように様々な角度から歯ブラシを当ててください。
汚れは歯と歯の間や歯と歯茎の境目に溜まりやすいので注意して磨きましょう。

歯磨きの後にデンタルフロスや歯間ブラシを使って歯のすき間の汚れを徹底的に落とすとよりきれいな歯を保つことが出来るでしょう。

歯磨きは食後必ず、1日3回行うことが理想的とされています。
一回の歯磨きで3分以上の時間をかけるといいでしょう。