歯科治療するほど悪くなる?

口へ入れ歯や詰め物を入れたり、歯並びを矯正したり、歯を抜いたりすることが「医療」ではないです。 

しかしほとんどの人々は「歯医者さんは、むし歯や歯周病の歯科治療をしている」と思っています。
それは間違いです。
どんなに歯科治療に通っても、やがて歯はむし歯や歯周病で抜かれてしまうので、歯科医師が「治療」をしていないことは明らかです。

周囲の人々を見渡してみましょう。
特に中高年の方で、歯医者さんと縁切れない人々がたくさんいます。 
そんな人々の口の中をみてください。
歯には問題が山ほどあり、トラブルを抱えながら確実に総入れ歯への道へ沿って進んでいます。
それは当たり前なのです。

「歯科治療」を受けにいくと、その行為を受けるほど、口の中の健康状態は間違いなく悪くなります。
ここでいう「歯科治療」とは、「歯を抜くこと」と「歯を殺すこと」そして「口の中へモノを入れること」です。
歯を抜けば、歯はなくなります。歯を殺せば、その時から歯は抜かれることとなります。
モノ(異物)が口の中に入るほど、口の中は不自然な状態になります。
また、それをするために、人体の一部である歯は削られ、ダメージを受けます。

それにもかかわらず、患者さんたちは、なぜ歯科医院へ通うのかというと、歯科医院へ行けば「痛みが取り除かれ、モノが噛め、歯が修理される」からです。

歯科医師はむし歯や歯周病を治せるかどうか考えてみましょう。
「歯科医師と呼ばれる方々には、むし歯の治療技術はない」と言うと、びっくりする人が多いと思います。
歯科医師という職業は、むし歯や歯周病を治すという常識が日本にあるからです。 
しかしこれまで述べたとおり、ほとんどの歯科医師たちにむし歯を治療技術がないから、むし歯を治すために歯科医院へ通っても、歯は「むし歯のために」抜かれるのです。それにもかかわらず、たくさんの歯科医師たちには、「むし歯を治療できない」という自覚がないです。
なぜなら、歯科界とか歯科医師たちの聞には、歯科界でしか通用しない歯科医師に独自の 「医療観」や「治療観」があって、そのような治療観に基づくと、歯科医師達はむし歯を治せることになるからです。

たとえば、歯にモノを詰めて穴をふさぐことを、歯科医師たちは「医療行為」と考えており、それを「治療」と認知しています。
また、入れ歯も歯科医師たちにとっては「医療行為」ですし、歯並びを直すのも、「歯列矯正治療」という「治療」だと歯科医師たちは考えます。
その結果、たとえば歯列矯正だけをする歯科医師は、自分たちのことを「矯正専門医」と呼ぴ、医師の一種と考えています。

とはいえ、歯にモノ(異物)を詰めたり、かぶせたり、入れ歯を入れたり、歯並びを直したりする行為は、日本ではもちろんのこと世界中の国々で「医療」とは考えられていません。
これらは、病気の治療ではないからです。
つまり、この行為で歯の病気を治すことなどできないということです。
しかしながら、歯科医師たちの医療観に従えばこれらは「医療」であり、歯科医師たちは「治療」をしていることになります。