「出っ歯」や「開咬」

指しゃぶりによる「出っ歯(でっぱ)」や「開咬(かいこう)」も要注意です。

乳歯列期の出っ歯や開咬は、「たいした問題ではなく、そのうちに治るだろう」と考えるお父さん・お母さんは多いようです。
しかし、指しゃぶりによる出っ歯や開咬の状態は、歯を取り囲む筋肉の発達にも影響しますし、口元をひらいて呼吸をしたり、口元が突出して外見も悪くなります。

何よりも、乳歯列期は食べものをかんで飲み込む岨鴫や牒下、発音、呼吸などの大切な機能を習得する時期です。
乳歯列期の出っ歯や開咬の状態は、これらの機能の発達に悪影響を及ぼすことを忘れてはなりません。

永久歯が生えかわる時期まで、それらのくせを持ち越さないことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です