セカンドオピニオン

適切な処置をしたにもかかわらず、医療で避けることのできない不可抗力的なあと戻りです。

どのようなケースや症状があと戻りしやすいかは、経験豊富な矯正専門の医師であれば、ある程度はわかっているはずです。
そういう歯科医師であれば、あと戻りしやすいことを、治療開始前にくわしく説明してくれます。

あと戻りが起きやすいケースの1つが、患者側が保定装置の使用を怠ったり、壊れた状態を放置したままにしたことで生じるというケースです。
要は、患者側の責任。
いずれにしても、経験豊富な矯正専門の歯科医師であれば、きちんと説明を行った上で、状況に応じた対応が可能です。

気になることが生じたときには、まずは主治医に相談してみましょう。
納得できる答えや説明が得られない場合は、他の矯正専門の歯科医師にセカンドオピニオン(第三者の医師に病状や治療について客観的な意見をもらうこと)として相談する方法もありますので、選択肢として考えるのもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です