歯の健康寿命

あなたが年を取った後にも、自分自身の歯で美味しくものを食べて健康に生活を送っていくためにも口の中や、歯の健康は欠かすことができません。戦後、国民の栄養状態は向上し、様々な病気に対抗する基礎的な免疫力は高まりつつあります。それに伴って、様々な食品が開発され、過剰に糖分や塩分を摂取することのできるものもスーパーマーケットなどにはあふれています。このような食品を摂取した後にブラッシングなどをしないのであれば、戦前の口内環境に逆戻りしてしまうことになってしまいます。いくら医学が進歩して、栄養状態が改善されたとしても、けっきょくのところ、人の意識が変わらなければ何もならないということでしょうね。特に年配の方々の世代には、思いきった意識改革をしてほしいものです。それに、歯の病気となって排出された細菌が血流にのって全身に運ばれることで様々な全身の病気にもつながる可能性を秘めていると言われればなおさらですね。歯の病気をきっかけにして全身の病気につながってしまうことほどあまりにも悲しいものはないのではないでしょうか?このような事態を未然に防いで、健康で快適な「歯」生活を送るために、歯の健康をしっかりと保つために、普段の自分自身の食生活であったり、ブラッシングを見直したりするほか、不安な点などがあるばあいなどには定期的な歯科検診を受けたり、歯科衛生士からのアドバイスを受けたりするなどして、積極的に予防歯科に関わっていく態度を持っていくことが重要だと言えるのではないでしょうか。今後も予防歯科のブームは続くでしょうから、その流行に乗っかる形で、上述してきたさまざまな療法を試しながら歯の健康をたもっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です