歯科医院に関するギモン

よくインターネットなどの口コミサイトで見かける歯科医院の疑問として多いのは、「治療の途中で、歯科医師の方が部屋からいなくなってしまうのはなぜなのか?」「歯科の治療が終わったと思ったら挨拶もそこそこに一人の助手のような方をのこして先生が出て行ってしまって不安だった!」などということです。しかし、歯科医師が出ていった後、その部屋に残っている人こそ、まさに、「歯科衛生士」という役職の方で、口の中のことに関する知識豊富なプロフェッショナルであるということを知っている人はそれほど多くないのではないでしょうか?

国家資格が必要な歯科衛生士は、歯に関する全てのことに精通している必要があり、本格的な治療をしている時は歯科医師の手となり足となり治療がスムーズにはこぶように様々な作業を手伝います。このような専門職の役職の方が居なければ、治療をスムーズに進めることはまず難しいのではないでしょうか?

さて、話を戻しますと、本格的な治療が終わった後に、例えば、虫歯などや歯周病などが再発しないためにはどうすれば良いのか?ということを歯科衛生士と一緒に考えていくことになるのです。そのため、歯石の除去であったり、普段の歯磨きをどのようにして改善していくのか?ということを一緒に考える時間が、とにかく必要となってくるわけです。

実際に、この手の作業は、昔は歯科医師が行っていたらしいのですが、現在では、一般的には、歯科衛生士と患者が、一対一で考えるのが普通になってきているようです。それでも、歯科医師と同じように国家資格を取った人で、知識豊富なプロの方であるということを忘れてはいけません。このひとに相談しさえすれば、歯の健康は保証されたと言ってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です