キャンセルについて

最近、歯科医院の業界で問題になっていることが多い、事例としては、患者側がいくつかの歯科医院に予約をして、ひとつの歯科医院を選び、その他を全てキャンセルしてしまうというケースが、少なからずあるようです。これは、インターネットで見た情報のため、どこまで信憑性があるのかはわかりませんが、全くの嘘であるということはないでしょう。最近では、歯科医院の予約が簡単に取れるようになり、電話をしなくてもインターネットなどからワンタッチで予約をすることができるようになってきた、というふうにも言われています。そのような中で、選択の自由を行使して、予約を取り続けること事態には全く罪はないわけですが、歯科医院は非常に緊迫した財政状況の中で、経営をしているところもあり、そのような場所にとってはひとつのキャンセルが経営の命取りとなってしまうような可能性もあるということは、肝に銘じておく必要があります。常識としては、ひとつの歯科医院にしっかりと定めて、予約をしておくということは、一般的であると言えますが、このようにして自由の幅を利かせすぎている人がたくさんいてしまうと、予約方法の変更などを考えざるを得なくなってしまいますから、控えておくことが求められているわけです。このように現代技術の結晶であるインターネットが大きく発達したとしても、人の性格や優柔不断さを元とする問題などが後を絶たず、今後も増えていくというふうにも予想されているわけですから、どの歯科医院に行けばいいのかということを、まず、しっかりと考えた上で行動しておくことが重要だと言えるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です