日本の歯科医療制度

私たち日本人は、歯科を受診する際ほとんどの人が健康保険を利用しています。ではこの日本の歯科保険制度について、改めて考えてみたことがある人はどのくらいいるでしょうか。実はこの日本の歯科保険制度には他国にはないある問題があるのです。じつは世界標準と比較すると、日本の歯科医療制度には再考されるべき点が指摘されています。日本の歯科医療制度は、普通の医科の保険制度とは全く違うある問題を抱えており、それが私たち日本人の歯への意識に大きな影響を与えているからなのです。たとえば、あなたはこれまでに保険で歯科医療を受けた後で、治療した歯と同じところがまた悪くなった、または、取れてしまった、などという経験をしたことがありませんか。もしあるとすればそれは日本の歯科医療制度へのこれまでの信頼が実は間違っていたのかもしれない、ということを考えてみるべきチャンスだったのです。

日本においては国民はすべて健康保険への加入が義務付けられています。いわゆる「国民皆保険制度」ですが、この制度のおかけで私たちはいつでもどこでも保険医療を受けることができます。1958年から始まったこの国民皆保険制度は、世界保健機関(WHO)でも、安い治療費で治療が受けられる世界一の制度である、と評価されてきました。たしかに、この制度のおかげで私たちは日常生活で運悪くケガや病気になったとしても、すみやかに医療機関で治療をうけることができ、最先端医療ですら保険が適応されます。つまり、医科治療においては普通の治療を保険で受けることができるのです。ではこれは歯科でも同様である、と言えるのでしょうか。そうだと信じている人が多いのが現状といえますが、残念ながら実質的にはそうではないと言わざるを得ません。たとえ形式上は医科と同様、または保険が利く、と言えたとしても、実質上は油断のできない欠陥制度である、というのが日本の歯科医療制度の実態なのです。そこで、私たちは日本の歯科医療制度の問題点について、いまいちど見直してみる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です