保険の範囲内で行う歯科治療の限界

外国で主に使われている歯科材料は、日本の保険がきく金属の3倍の耐久性があると言われています。では日本においては一体どのような歯科材料が使われているのでしょうか。考えてみれば、私たち日本人の多くはこれまで自分が受ける歯科治療の内容について、納得のいく説明を十分に受けないまま、ただただ歯科医師のいいなりになって治療を受けてきてはいないでしょうか。歯の問題は本来なら、治療前にその材質や耐用年数について丁寧で詳しい説明を受けて納得した上で選択をするべき大切な問題です。長い目で見れば全身の健康にすら影響を及ぼしかねない重要な問題を、私たちは他人任せにしてきたとは言えないでしょうか。もちろん担当する歯科医は事前に患者一人ひとりの幸せな人生について考えたうえで、適切なアドバイスを行うようにするべきです。であるならば患者も然り、他人事のように不勉強なまま治療するのではなく自分の意見をもって臨むべき治療であるはずです。患者と歯科医の両者が、治療の限界についてよく理解した上で、しかるべき選択を行う、それが本来あるべき理想的な歯科治療と言えるのではないでしょうか 。

では歯科医療にだけ留意すれば、私たち日本人は幸せで健康な歯科ライフを手に入れることができるのでしょうか。ご存知の通り、もともと歯には自然治癒力がありません。つまり一旦悪くなってしまった歯は、治療によってその悪化を食い止めることができたとしても、元の歯より良い歯にするということはできないのです。そこで昨今世界的に注目されているのが予防歯科です。予防歯科とは、虫歯や歯周病にかかる前に事前に予防することです。日本では残念ながら「歯は悪くなってから治すもの」、という歯科治療が当たり前です。また、健康保険制度でも予防歯科は残念ながら取り入れられていません。つまり、現状の日本の歯科医療制度において予防歯科は対象外なのです。そのため日本人の予防歯科に関する意識が、世界標準よりかなり低くなっていると言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です