歯周病のチェックポイント

歯周病の一つである「歯肉炎」とは、歯茎と歯茎を構成する組織が細菌の侵入によって炎症を起こしてしまった状態を指します。歯磨きなどの際、たまに歯茎から血が出たりしませんか?これが歯肉炎の主な症状と言われており、この状態までは、病気自体はまだ歯茎だけと言えるでしょう。しかし、この「歯肉炎」が悪化してしまい、進行してしまうと、炎症などで歯茎が腫れてしまうため歯と歯茎が離れ、歯周ポケットができてしまいます。ここから「歯周炎」に移行すると考えるとわかりやすいでしょう。歯周炎には様々な種類があり、一般的によく知られているものは「成人性歯周炎」と呼ばれるものでしょう。これは、歯茎が腫れ、膿や血が出たりという症状が現れてきます。この膿が原因で、セメント質や歯根膜、歯槽骨といった歯の周りの組織が次第に溶かされ、破壊されていってしまうことで、歯周ポケットはどんどん深くなっていくというシステムが歯周病の怖いサイクルといえるでしょう。深くなった歯周ポケットには、非常にプラークがたまりやすくなり、悪循環に輪を掛ける状態に陥ってしまうでしょう。歯磨きの際、出血などがあればすぐに歯医者さんに行ってみると良いでしょう。早めの対策が後々、面倒なサイクルを防いでくれるでしょう。定期的な歯科検診もオススメです。歯周炎の原因細菌は、一度繁殖してしまうと、どんどんと歯の根っこの奥へ奥へと進行するという性質があるようです。つまり、歯周炎の進行は、歯根や歯根膜、歯槽骨と行った、歯が健康に機能を果たすための重要機関を溶かしてしまうという状況へ向かっていくと言われています。最終段階として、歯を支える働きを持つ歯槽骨をほとんど溶かしてしまうこともあり、そうなってしまうと、歯は抜け落ちてしまうでしょう。大切な歯、日々の変化に敏感に対処していけると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です