歯周病予防のミソ

歯周病の予防や治療に一番効果的な対策と言えば「プラークコントロール」ではないでしょうか。むし歯や歯周病、口臭と言った口腔内のトラブルの最大の要因はプラークにあると言ってまず間違いはないのではないでしょうか。つまり、このプラークを減らしていくことである「プラークコントロール」が重要な働きを持っていると言えるでしょう。そう、歯周病予防のミソはズバリ「プラークコントロールに尽きる!!」と言えるでしょう。よく歯ブラシのCMなどでも耳にする「プラーク」ですが、聞き慣れているだけで、実際なんのこと?という方も多いのではないでしょうか。これは、歯の表面にくっついて固まってしまった細菌などの塊のことを指しています。食事をした際などにも、食べ物のカスなどが歯の隙間や表面に残り、その残骸から「テキストラン」という糊のような粘ついた物質が作られます。この粘着質の物質に細菌がつき、出来上がるのが「プラーク」です。よく勘違いされている方も多いのですが、歯に残った食ベカス=プラークではなく、テキストランにくっついた細菌の塊をプラークと呼んでいるようです。また、プラーク上に色素や食ベカスなどが付着し、目で確認できるようになったものを「歯垢」と呼んでいます。つまり、プラーク自体は目に見えないことから、セルフケアや定期的な歯科検診などが効果的な予防と言えるのではないでしょうか。プラークは、1グラムの中に非常に多くの細菌が含まれているため、むし歯や歯周病を引き起こしてしまう原因と考えられています。プラークの除去方法は、口をゆすいだり、強い水流をかけるという程度では効果はなく、歯ブラシなどでしっかり落とさなければ意味はないでしょう。日々のセルフケアを正確に行うには、歯医者さんなどに歯磨きの方法を教えてもらうと良いでしょう。的確なセルフケアで、口内のプラークコントロールを行えると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です