プラーク除去のコツ

歯周炎の原因と考えられている「プラーク」は、タチの悪いことに、時聞の経過によって、ただの歯磨きではビクともしない歯石となり、取り除くことが困難になってしまうという性質を持っています。歯石は、歯周病菌にとってはとても良い環境であり、最適な住み処と言えるでしょう。そのため、歯石をつくらないよう、日々の歯磨きが重要であると言えるでしょう。もしも歯石ができてしまった時には、歯磨きではどうにもならないため、歯科医院で取り除いてもらわなければならないでしょう。放置してしまっては、歯周病は進行し、悪化の一途を辿ってしまうでしょう。セルフケアでプラークゼロを実現できれば一番良いのですが、それは不可能に近いと言えるでしょう。口腔内は細菌にとって理想的と言える環境であり、舌や粘膜、唾液、歯と歯茎の聞の溝など、ありとあらゆるところに細菌が住んでいるからです。例え歯医者さんに完璧な歯磨きの方法を教わって実行できたとしても、完全な除去は出来ないでしょう。歯周病菌などの細菌は、食物中の糖分を主なエネルギー源として繁殖していくと考えられます。プラークの作られる時間は、食事の後たった数時間とも言われており、あっという間に作られてしまうと言えるでしょう。また、プラークに付着した細菌は、更に糖分を原料にし、粘着物質を生成し、カバーをかけて自信を守る性質があるようです。このカバーは「バイオフィルム」と呼ばれ、歯周ポケットの内側や、歯の表面に付着した粘ついたものです。これも歯磨きだけでは落としきれないため、予防するには、食後に出来るだけ早く歯磨きをするということを習慣づけるのが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です