セルフコントロールの実践

歯磨きという習慣は、生活の中で最も基本的かつ、重要な習慣の一つであると言えるのではないでしょうか。この習慣を正しく長くコツコツ続けていくということは、いわゆる「セルフコントロール」の一つであると言え、毎日の実践を積み重ねていくことにより、生活習慣病や感染症、また、肥満予防にも効果を発揮すると期待されているでしょう。近年よく耳にする生活習慣病というのは、文字通り生活習慣の乱れが原因と考えられている病気というのはご存知でしょう。つまり「自分でかかりに行ってしまった病気」であり、言ってしまえば自分の責任であると言えるでしょう。歯磨きは、病気にかからないようにするため、また、かかってしまった病気を治すため一番のセルフケアと言えるのではないでしょうか。面倒臭がらずに、毎日、毎食後に習慣化することにより、生涯の健康を獲得するきっかけとなると言えるのではないでしょうか。この習慣かのことをセルフコントロールと呼び、まさに自分自身でしかできないものと言えるでしょう。お金さえ出せば何でも叶うと思われがちな現代ですが、歯磨きサービスというものは存在していないのが現状ではないでしょうか。このことからもわかるように、歯磨きは、自分の健康を守るために自分自身でしか行えないものであると言えるでしょう。もちろん歯医者さんへ行けば、プロフェッショナルケアはしてくれるでしょう。しかし、生涯の楽しさと健康を維持していくために必要なのは、自身の体を慈しみながら行うセルフコントロールであると言えるのではないでしょうか。虫歯も病気も、一番の予防策は「健康でいたい」と気をつけていく毎日の習慣と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です