コミュニケーションツール

近年、高齢化が進み、介護の世界では多くの人手不足に悩まされているというのはご存知でしょう。介護を必要とする方達は、そのほとんどが人生の大先輩であると言えるでしょう。どういった介護が必要かどうかは人によって様々ですが、中には歯磨きも困難であるという人もいるようです。本来なら自分自身で行う歯磨きを介護者が代わりに行ったり、場合によっては、要介護者に歯ブラシを持たせ、その後ろから介護者が体を抱えながら手を添えて磨くという方法もあるようです。また、介護のレベルというものは「口の中を見ればわかる」とも言われているようで、歯磨きや口腔ケア自体が介護の基本であり、コミュニケーションツールとして注目されているとも言われているようです。それは、スキンシップとしての効果が大きいと考えられており、歯磨きを通じて愛情や思いやりを伝えることにより、改めて幸せを感じることができると言えるのではないでしょうか。このようなことからも、改めて歯磨きの意義を見直していくことが重要視されているようです。歯磨きの意義には、健康管理、感染病の予防、自己愛、感性を磨く、手先の訓練、脳の活性化
、達成感の獲得、向上心を育てる、セルフコントロールの実践と実感、健康の輪を広げるなどが挙げられるでしょう。このように、人生を豊かにするためのコンテンツが「歯磨き」には詰め込まれていると言えるでしょう。歯医者さんに行けず、また自身で歯磨きが困難な方達も一緒に、より良い未来と健康的な生活を目指していけたら素敵なのではないでしょうか。面倒臭い習慣としてではなく、コミュニケーションツールとしても、毎日に取り入れることができたら、介護者も要介護者も気持ちの良い毎日が過ごせるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です