親知らず

親知らずは、親の手から離れた頃に生えることからこうよばれています。正しく歯第三臼歯とされており、多くの場合は18歳~20歳で生えてくるそうです。現代人は食生活の変化などで顎が小さくなり、親知らずが斜めに生えるなどのトラブルが多くなっています。生えてこないことで問題がなければそのままでも構わないそうですが、一度歯科で正しく検査をしてもらう必要があります。

親知らずが生えてきた場合、抜くか抜かないか、迷う場合があるでしょう。結論から言うと、「生やしたままで問題がなければ、そのままでも構わない」と言えます。しかし、斜めに生えていない、途中までしか生えていないという場合は、早めに抜いた方が良いそうです。親知らずが正常に生えていない場合は汚れがたまりやすく、虫歯のリスクが高まることや、歯茎の炎症に繋がることも多いとされています。炎症が重症化をしてしまうと、顔が腫れてしまうことや、口を開けにくくなるなどの問題も発生します。他にも、手前の歯に食い込むような親知らずの生え方をしている場合、手前の歯の歯根を吸収して溶かしてしまうこともあるそうです。症状が進むと、親知らずの抜歯だけではなく、歯根が吸収された別の歯も一緒に抜かなくてはなりません。他にも、汚れがたまりやすいことから虫歯はもちろん口臭の原因となってしまうこともあります。少しでも問題を感じた場合には、虫歯や歯茎の炎症を起こす前に、何かしらの対応をする必要があると言えるでしょう。

正常に生えているという場合でも、親知らずは一番奥の歯ですので、もともと虫歯や歯周病のリスクが高いとされています。現時点で痛みなどがなくとも、歯科医師と相談をした上で抜歯を決める人もいるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です