虫歯の理由

虫歯を予防するために毎日歯磨きを行いますが、そもそも虫歯はどのような仕組みで発生するのでしょうか。虫歯は、ミュースタンス菌などの虫歯菌、歯の質、糖質の三つの要素が原因となって発生します。原因となる虫歯菌は、砂糖などの糖からグルカンという物質を作り出します。グルカンは粘着性が高く、歯の表面に強く付着するそうです。この付着したグルカンと細菌が固まったものが、歯垢となります。歯垢の中にいる虫歯菌は、糖分を餌に増殖、さらに糖分を分解することで酸を作りだします。酸は、歯を覆っているエナメル質の内部から、カルシウムやリンを溶かします。こうしてエナメル質の内部からスカスカにしていくことで歯に穴が空き、これが虫歯になるのです。

虫歯菌は、一人一人持っている数が違います。体質に加え、赤ちゃんの頃に母親とスプーンを共有したなどで感染する場合が多いそうです。虫歯菌の感染が少ない人は持っている虫歯菌が少なく、虫歯になりにくい体質となるそうです。虫歯菌は専用の器具を使って確かめなければ、自分では分かりません。しっかりと歯を磨き、間食をしていないにも関わらず虫歯になりやすいという人は、虫歯菌の所持が多いということが考えられます。 虫歯は、歯と歯の間の重なった部分、奥歯の噛み合わせ、歯の根元、詰め物の周りなどに発生しやすくなっています。逆にいえば歯垢が溜まりやすい部分とも言えますので、歯磨きをする時には意識的にブラシを当てる必要があります。歯科では、歯垢に色をつけて磨き残しを確認できる「染め出し」を行えますので、磨き残しの心配がある場合は相談してみましょう。虫歯が進行してしまうと歯の治療は困難になります。早めの治療と、しっかりした予防が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です