義歯用歯ブラシ

世の中にはたくさんの種類の歯ブラシが存在しますが、中には義歯用歯ブラシもあります。義歯は虫歯にはならないものの、プラークと呼ばれる汚れは付着します。このプラークをそのままにしておくと細菌が発生し、残存歯の健康にも影響を与えます。特に歯周病や口臭、口内炎は、残存歯と共に全身の器官に悪影響を与えます。

ですから義歯用歯ブラシを使って丁寧に磨く必要があるのです。義歯の場合、プラークの付きやすい所は決まっていますから、そこを重点的に清掃できるように設計されたのが義歯用歯ブラシだということになります。因みにプラークの付きやすい箇所とは、クラスプの内面や残存歯と接する部分を指します。部分義歯であれば、その形状は人それぞれでしょうから、なるべく自分に合った形の義歯用歯ブラシを選択することになります。義歯用歯ブラシの外見は変わっているものも多く、例えば1本に2つの植毛部が存在するもの、柔らかい毛と硬い毛が混在するもの、植毛部が円型のもの等が存在します。これらは使い辛そうに見えますが、用途に合わせて用いれば、その機能性に驚くはずです。因みに義歯用ブラシにも電動のものがあり、使用している人がいます。但し義歯の清掃は非常に細かく、単に歯に当てるだけでは上手くいかないため、電動歯ブラシを使う時は義歯用の洗浄剤を併用すると良いでしょう。

さて、電動歯ブラシについて触れましたが、多くの人はその存在を認識しながらも、どのような人が、またどのような場面で使用すると効果的に清掃できるのかを、よく理解していないことでしょう。電動歯ブラシは高価ですが、正しく使えば手用歯ブラシよりも高い清掃効果を期待することが出来ます。ですからあまり詳しくない人は、ここで電動歯ブラシの基本について学習することにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です