電動歯ブラシとは何か

電動歯ブラシは既によく知られた存在になっていますが、未だに効果的な使用法を押さえていない人が少なくありません。電動歯ブラシはどのような人が、どのような状況で使用すると効果を発揮するものなのでしょうか。電動歯ブラシの歴史は短く、欧米でも実用化したのは1960年代以降のことでした。それが日本に輸入され、国内メーカーが追随したのです。そしてメーカーが販売時に重視したのは、電動歯ブラシの効用を分かりやすく伝えることでした。

今でもそのアピールは続けられていますが、その骨子は変わっていません。電動歯ブラシは単に「自動である」ことだけが売りなのではなく、微振動で手用歯ブラシよりも綺麗に出来るのです。但し機械の動きに頼る以上、細部の汚れを残してしまったり、重かったり、高価であったりするデメリットもあります。ですから電動歯ブラシのメリットとデメリットをきちんと踏まえた上で、購入を検討すべきなのです。

電動歯ブラシの使用が推奨される人は、次のような方々です。すなわち、手用歯ブラシで磨く頻度が低く、歯周病が進行している人、老化や障害で手用歯ブラシを上手く扱えない人、ブラッシングが苦手な人、手用歯ブラシでは落とせない汚れが付着している人、矯正装置を付けている人等です。電動歯ブラシは慣れれば簡単に扱えますが、誰もが留意すべき注意点もあります。一つは、電動で動くため、フレキシブルに強弱を調節できない点です。必要以上の圧力で歯が削れてしまったり、歯肉が傷ついたりする恐れがあるのです。二つ目は、電動歯ブラシを使った後に、手用歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使って再度清掃する必要がある点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です