日本人にとっての歯の課題

歯科疾患に対する治療に重心を置いた古い制度が現在もなお続いている日本。今日の日本の歯科医療費については、先進諸国と比較して決して高額だとは言えません。しかし、現在の財政状況や今後の超高齢社会到来に伴う社会保障費の増大への抑制が必要ななかでは、歯科医療費の著しい増加を行うことは非常に困難であると言われています。

つまり、限られた財源の中で国民の口腔衛生状態を改善していかなければなりません。また、高齢者の人口増加に伴う歯科医療費の高騰を抑制するためには、歯科疾患の発生を抑えて将来の治療への需要を減少させることが何より重要であると考えられています。しかし、現在の日本では果たしてこの目標を達成できるのでしょうか。成人における歯科疾患の罹患率が他国と比べても高い日本社会においては、この改善なくして将来にわたる公的保険での歯科医療の維持は困難だとも言えます。

そもそも欧米では、う蝕、歯周病といった歯科疾患は予防可能であるということが人々の当たり前のコンセンサスとなっており、各国ではこれを基に歯科医療政策に対する制度改革が行わ れています。一方、日本においては患者負担率の増加が行われているのみで、抜本的な制度改革はいまだに行われていないと言えるのではないでしょうか。歯科疾患は予防可能な疾患である、という世界標準の意識を日本でも広く普及させて、日本人の口腔機能維持への行動変容を促すことが日本における当面の課題と言えそうです。

時代遅れの日本の歯科医療

欧米では、歯科医療サービスに対する公的保険の給付率が日本とくらべると大変低いことがわかります。一方で予防的な処置や定期的なチェックのための検診に対する保険給付率は日本より高くなっています。そういった欧米諸国と比較した場合、日本の医療制度は歯科疾患に対する治療に重心を置いた昔ながらの制度となっています。

日本では歯科医療が公的保険適用になった1920 年代から1930年代、工業的に生産された安価な砂糖が普及しました。その砂糖の消費が増大したことに伴って、のう触罹患率が急激に上昇したのです。その時期に確立した歯科医療体制が、現在もなお継続されている、という事実をご存知でしょうか。

歯科医療制度も同様で、1960年代に整備されたものがその時のまま継続されているのです。つまり、日本では古い歯科医療体制をひきずったまま、欧米諸国のような予防歯科への意識が二の次にされてきたと言えるのです。時代の変化やニーズに応じ、日本でも医療保険や医療体制は様々な変革を遂げてきたと言える側面はあるものの、その基本的骨格は現在もなお旧態依然のまま維持されてしまっている、と言わざるをえないのが日本の歯科医療制度の現状なのです。

治療の類別

歯科医師によっては、治療に6回7回と、非常に多くの回数をかけて治療をするということもあるようですが、このような先生に会うことができたならば、決してその先生は手放してはならないと考えられます。なぜならば、一人一人の時間を作るのが難しい中で、しっかり患者と向き合っている姿勢が見える他、ただ単に治療をするというわけではなく、患者の痛みを最小限に抑えるという姿勢が、治療の回数に現れているからなのです。このような治療法に対しては、不満を持つというよりも、むしろ、感謝をすべきではないかと考えられます。何回も治療するからといって、重大な病気であるとは限りませんが、それでも、回数を増やして治療するということは、それだけ患者に安心感を与えるということにもつながっているわけです。虫歯の治療というものは、一回では終わらないわけですから、何度も何度も繰り返し通うことになってしまうわけで、そのような中で、きちんと1度一度治療を進めるために、説明をしてくれる歯科医師に出会ったならば、大切にする必要があると言えるのではないでしょうか。最近では、見栄えばかりを気にして、建物を建てている歯科医院などもありますが、このようにどれくらい患者に向き合っているのかということは、あまり表に出てきません。インターネットで検索すれば、このようなタイプの口コミも多く出てくるようですから、参考にしてみるのがいいかもしれませんね。なにはともあれ、このようにして、十分に情報や知識をつけたうえで、歯科治療に臨むという姿勢が重要だと言えるのではないでしょうか。多くの人の場合は、このような段階で、十分に知識をつけないまま歯科医院を選んでしまっているために、何度か通っても自分に合わないと言って、断念してしまうというケースがあるという風にも聞いたことがありますから、特に、注意をしておくことが必要だと言えるでしょう。歯科医院も、様々な課題を抱えている中で、このように患者に対して誠実に向かい合っているというところは、大切にしておく必要があるといいます。

歯の痛みとは

歯の痛みに悩まされることは、一生の中で、何度もあることかもしれません。普通の怪我とは異なり、放っておけば痛みがどんどん増していくことすらあるわけですから、そのまま放置しておくことは、できないでしょう。しかし、痛み出した時に病院が休みであったり休日であったりする場合に、耐えられないような症状が出てしまった時は、とても辛いことは容易に想像できるでしょう。歯のケガの中でも、何かボールがぶつかったり、接触したりして歯に衝撃が加わることで折れてしまったり、傷がついてしまったり、歯茎から出血をしてしまったりした場合は、緊急性が非常に高い怪我となるわけですから、緊急外来をやっている所に、直ちに向かう必要がある、ということは覚えておいていいはずです。このような場合はどのような歯科医院が良いか、ということを考える前に、まず治療をしっかりと進めるということを念頭においておくことが重要になってきます 。非常に緊急性が高い歯の病気は、それほどよく起こるものではありません、が実際に起こったときは、どのように処理して良いのかわからず、パニックになってしまう人も多い、などと聞いたこともありますから、しっかりと注意をしておくことが重要だと言えるでしょう。特に、起こりがちなのは中学生や高校生と言った部活動に積極的に参加している、若い世代の人たちのようで、体力が有り余っている若者ならではの怪我、であるとも言えそうですが、高齢者でも決してその数は少なくありません。足腰が弱ってきたり、骨全体が弱ってくることによって、転びやすくなりますし、たとえ転ばなかったとしても歯そのものが非常にもろくなってしまっている可能性もあるということが指摘されています。

歯科医院に関するギモン

よくインターネットなどの口コミサイトで見かける歯科医院の疑問として多いのは、「治療の途中で、歯科医師の方が部屋からいなくなってしまうのはなぜなのか?」「歯科の治療が終わったと思ったら挨拶もそこそこに一人の助手のような方をのこして先生が出て行ってしまって不安だった!」などということです。しかし、歯科医師が出ていった後、その部屋に残っている人こそ、まさに、「歯科衛生士」という役職の方で、口の中のことに関する知識豊富なプロフェッショナルであるということを知っている人はそれほど多くないのではないでしょうか?

国家資格が必要な歯科衛生士は、歯に関する全てのことに精通している必要があり、本格的な治療をしている時は歯科医師の手となり足となり治療がスムーズにはこぶように様々な作業を手伝います。このような専門職の役職の方が居なければ、治療をスムーズに進めることはまず難しいのではないでしょうか?

さて、話を戻しますと、本格的な治療が終わった後に、例えば、虫歯などや歯周病などが再発しないためにはどうすれば良いのか?ということを歯科衛生士と一緒に考えていくことになるのです。そのため、歯石の除去であったり、普段の歯磨きをどのようにして改善していくのか?ということを一緒に考える時間が、とにかく必要となってくるわけです。

実際に、この手の作業は、昔は歯科医師が行っていたらしいのですが、現在では、一般的には、歯科衛生士と患者が、一対一で考えるのが普通になってきているようです。それでも、歯科医師と同じように国家資格を取った人で、知識豊富なプロの方であるということを忘れてはいけません。このひとに相談しさえすれば、歯の健康は保証されたと言ってもいいでしょう。

歯の健康寿命

あなたが年を取った後にも、自分自身の歯で美味しくものを食べて健康に生活を送っていくためにも口の中や、歯の健康は欠かすことができません。戦後、国民の栄養状態は向上し、様々な病気に対抗する基礎的な免疫力は高まりつつあります。それに伴って、様々な食品が開発され、過剰に糖分や塩分を摂取することのできるものもスーパーマーケットなどにはあふれています。このような食品を摂取した後にブラッシングなどをしないのであれば、戦前の口内環境に逆戻りしてしまうことになってしまいます。いくら医学が進歩して、栄養状態が改善されたとしても、けっきょくのところ、人の意識が変わらなければ何もならないということでしょうね。特に年配の方々の世代には、思いきった意識改革をしてほしいものです。それに、歯の病気となって排出された細菌が血流にのって全身に運ばれることで様々な全身の病気にもつながる可能性を秘めていると言われればなおさらですね。歯の病気をきっかけにして全身の病気につながってしまうことほどあまりにも悲しいものはないのではないでしょうか?このような事態を未然に防いで、健康で快適な「歯」生活を送るために、歯の健康をしっかりと保つために、普段の自分自身の食生活であったり、ブラッシングを見直したりするほか、不安な点などがあるばあいなどには定期的な歯科検診を受けたり、歯科衛生士からのアドバイスを受けたりするなどして、積極的に予防歯科に関わっていく態度を持っていくことが重要だと言えるのではないでしょうか。今後も予防歯科のブームは続くでしょうから、その流行に乗っかる形で、上述してきたさまざまな療法を試しながら歯の健康をたもっていきましょう。

セカンドオピニオン

適切な処置をしたにもかかわらず、医療で避けることのできない不可抗力的なあと戻りです。

どのようなケースや症状があと戻りしやすいかは、経験豊富な矯正専門の医師であれば、ある程度はわかっているはずです。
そういう歯科医師であれば、あと戻りしやすいことを、治療開始前にくわしく説明してくれます。

あと戻りが起きやすいケースの1つが、患者側が保定装置の使用を怠ったり、壊れた状態を放置したままにしたことで生じるというケースです。
要は、患者側の責任。
いずれにしても、経験豊富な矯正専門の歯科医師であれば、きちんと説明を行った上で、状況に応じた対応が可能です。

気になることが生じたときには、まずは主治医に相談してみましょう。
納得できる答えや説明が得られない場合は、他の矯正専門の歯科医師にセカンドオピニオン(第三者の医師に病状や治療について客観的な意見をもらうこと)として相談する方法もありますので、選択肢として考えるのもよいでしょう。

正しい矯正治療を行う

ブリッジの場合は、矯正治療を行うにあたって、ほとんどの場合、歯を個々に切り離すことになりますので、矯正治療終了後につくり直す必要が生じます。
矯正後、時間がたつと歯並びが元に戻ってしまうことはないのか。あと戻りには三つのパターンがあります

矯正治療では、いわゆるあと戻りがよく問題になります。
あと戻りとひと口にいっても、言葉の意味は暖昧で、大別すると三通りのパターンがあります。

そのひとつは、歯科医師側に問題がある場合です。
歯科医師が矯正の正しい教育を受けていないため、患者の成長、発育を予測する能力に欠けていて、かみ合わせや歯並びが悪い原因を読みとる能力がないためにあと戻りが起こるパターンです。
歯科医師全員が矯正の勉強をしているというわけではないのです。

こういったことは、じつによく聞きますので、正しい矯正治療を行う専門の医師を選ぶことは、非常に大切です。

歯石の除去方法

スケーリングやルートプレーニングには、歯垢(プラーク)が付着しやすい因子を取り除き、患者が自分で歯垢を取り除きやすい環境をつくることが目的です。

歯石は、歯垢が付着しやすい最大の因子といっても過言ではないでしょう。
その証拠に、歯石を取り除いたことで歯肉の腫れがひき、歯周ポケットが浅くなることもあるそうです。

歯科医師の中には、スケーリングやルートプレーニングで歯周病の8割前後は治療できると考えている人もいるそうです。

ここで注意してほしいのは、治療できるといっても歯垢をとればすべて終わりというわけではないということです。
なぜならせっかく歯垢や歯石を取り除いても、患者が普段の歯みがきを真面目にしなければ、再び歯石は増えてしまうからです。
歯周病の再発を防ぐためには、日頃のケアが何よりも大事だといえるでしょう。

歯科医師の多くは、患者の努力がなければ歯科医師がどれだけ熱心に治療を行っても歯周病はよくならないと考えているそうです。
この点で、歯周病の治療は難しいものだといえそうです。

歯科医院で歯石を除去してもらった患者に話を聞くと、歯ぐきが下がってすき間が広がり、前より食べ物が挟まりゃすくなった、歯がしみるようになったという人がいるようです。
歯石を除去する前に歯周病の症状がなかったとしたら、歯石を除去したことによって症状が出てしまったと感じるかもしれません。
しかし、歯ぐきが下がった理由は、すき間をふさいでいた歯石をとったことで歯ぐきの腫れが引いことであり、歯がしみるのは歯石をとった歯の根の部分が露出したからです。

「出っ歯」や「開咬」

指しゃぶりによる「出っ歯(でっぱ)」や「開咬(かいこう)」も要注意です。

乳歯列期の出っ歯や開咬は、「たいした問題ではなく、そのうちに治るだろう」と考えるお父さん・お母さんは多いようです。
しかし、指しゃぶりによる出っ歯や開咬の状態は、歯を取り囲む筋肉の発達にも影響しますし、口元をひらいて呼吸をしたり、口元が突出して外見も悪くなります。

何よりも、乳歯列期は食べものをかんで飲み込む岨鴫や牒下、発音、呼吸などの大切な機能を習得する時期です。
乳歯列期の出っ歯や開咬の状態は、これらの機能の発達に悪影響を及ぼすことを忘れてはなりません。

永久歯が生えかわる時期まで、それらのくせを持ち越さないことが重要です。