妊婦と歯周病の関係

低体重児を出産した母親と、正常体重児を出産した母親の歯周病の進行度を比べてみると、低体重児を出産した母親のほうが、歯周病が進行していることが多いそうです。最近は、歯周病と低出生体重児や早産との関連が注目されています。

この原因として、歯周病で炎症が起こったときに増える物質が疑われています。この物質は早産ではない出産時にも分泌されます。子宮筋を収縮させて出産しやすくする効果があり、陣痛促進剤の成分としても知られているそうです。

しかし、この物質が歯周病で増えることによって血液中にも多くなり、胎児の成長に影響を及ぼしたり、子宮筋を収縮させて出産の時期を早めたりしてしまうのではないか見られています。

妊娠しているからといって、歯周病の治療ができないことはありません。妊娠中に非外科的な歯周病の治療を受けて早産を引き起こす原因にはならないという調査報告もあるそうです。ただし、治療をするのは安定期に入ってからのほうがよさそうです。

また、喫煙は歯周病に対しても最も大きな危険因子と考えられています。しかも、タバコをすう本数が多ければほど、歯周病にかかりやすい傾向があるらしいのです。タバコにはニコチンなどの有害物質が含まれており、この有害物質が血管を収縮させて血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、歯肉や歯に行き渡る栄養が不足していき、細菌に対する抵抗力が低下するおそれがあります。したがって歯周病の最大の原因と考えられているのです。

歯周病菌と生活習慣病

歯周病菌は口の中だけでなく、血液中に入り込んだり、のどから飲み込まれたりすることもあるため、全身の病気と関連がありのではないかと考えられていました。近年、歯周病が肥満や糖尿病、動脈硬化などのメタボリックシンドロームに関係する生活習慣病のリスクを高めることがわかってきたそうです。

メタボリックシンドローム原因とされているのが、おなかの中につく内臓脂肪です。歯周病で強い炎症になっている歯周組織に存在する物質は、内臓脂肪からも分泌されるといいます。つまり、歯周組織にあるその物質が血液中に入ると、内臓脂肪から分泌されるものに加わってメタボリックシンドロームの悪化につながると考えられているということです。

また、この物質は血糖を処理するインスリンの働きを悪くするというものでもあるようです。したがって、歯周病の人は糖尿病が悪化しやすいことが考えられます。

糖尿病の人は歯周病になりやすく、重症化しやすいことが注目されています。糖尿病は合併症が多い病気としても知られ、歯周病も糖尿病の合併症の一つと考えている歯科医もいるそうです。糖尿病の場合、身体の抵抗力が低下しやすくなり、口の中も同様に抵抗力が下がります。そのため、歯周病菌に感染しやすく、血管ももろくなっているので、歯ぐきの炎症につながりやすいといえます。

また、歯周病菌は血管内に入ると、動脈硬化が始まるともいわれています。実際、動脈硬化のある冠動脈から歯周病の細菌が見つかったというレポートもあるそうです。

塩入り歯みがき

高齢者の中には、歯みがき粉がなかった時代は塩でみがいていたと話す人がいます。もともと、塩で歯を磨くのは中国の風習であったといわれていますが、日本にも仏教の伝来とともにこの風習が伝わったのではないかと考えられています。そう考えると、塩は長い間、歯みがき剤としても身近な存在だったといえます。

細菌、塩入りの歯みがき剤が人気を博しているようです。インターネットの口コミなどでも、歯周病予防として塩入り歯みがき剤を使っている人の体験談などが多く見られるようになってきました。

実際、塩には若干の殺菌効果や唾液分泌効果があると考えられています。水分も吸収するので、歯肉が引き締まったように感じられるのかもしれません。しかし、塩自体には、血液の循環をよくする効能や、歯周病を改善する作用はないといわれます。塩入り歯みがき剤をあまり過信しすぎるのもよくないと思います。

また、粗塩などでみがくと、歯周病の予防どころか歯ぐきを傷つけるおそれもあります。歯周病予防を宣伝している歯みがき剤には、歯垢(プラーク)を分解する酵素などが含まれる物が主流のようです。しかし、一般的な歯みがき剤は効果が穏やかな医薬部外品なので、薬としての効果はそこまで期待できないでしょう。

一方、洗口剤(デンタルリンス)は殺菌や口臭予防の効果が期待できますが、使いすぎには注意。口の中が乾燥して、口臭がひどくなることもあります。

歯みがき剤や洗口剤はあくまで補助的なものだと考えましょう。